ショーメイクは時間と感性の戦い!

ショーメイクは時間と感性の戦い!

 

 

時折、ファッションショーのメイクの依頼があったりします。

 

ショーは、ライブで進行!

 

なので

 

スピード感が必要なのですが、

 

モデルさんのお顔立ち、衣装や雰囲気を考慮したメイクを施すのも重視しなげればいけません。

 

おっとっ!!

 

この写真は番外編^^;

 

でも、この御方は有名なデザイナーさんでありスタイリストさんなんですよ^^

 

それにしても美脚!!

 

 

話は元にもどして^^

 

 

モデルさんの衣装のカラー、素材、丈、モデルさんの髪の毛の色。

 

全てトータルを頭に入れて、メイクアップしていきます。

 

衣装の持ち合わせてるテーマなども材料のポイントになります\(^o^)/

 

とにかく頭の中を目まぐるしく分析と感性が走り回ります。

 

 

 

 

ショーの進行具合を見ながら、あらゆる気を張り巡らせて集中します^^

 

 

 

とても緊張しますが、終わったあとの充実感は心地良い感覚で満たされます。

 

 

モデルさんも緊張されてたりするので、お支度の最中のトークにも気を配ります。

 

現場は、常に最善の状況判断を要求されるので、わたし自身の成長の場でもあります。

 

信頼して頂けての任せてもらえる依頼にも感謝ですね^^

 

 

現場で楽しいのは

チームがプロの集団ということ^^

 

 

衣装の細かい部分にまで細心の注意を向けます。

 

 

 

 

 

 

メイクスクールの学長を務めさせて頂きながら、こうして現場での経験も積ませてもらえることが

 

わたしにとっても嬉しいし、プロスクール卒業生や在校生にとっても経験と学びの場を与えて頂いてます。

 

 

プロスクール0期生の皆さんの活躍が嬉しかったな^^

 

 

今日は、プライベートメイクレッスンなどではお伝えできない

 

ショーの事をかいてみました。

 

メイクレッスンも楽しいし

こうした現場も楽しいし

メイクに関われてることが幸せです^^

 

ビューティーケアリスト

喜久川由美