感情の置き忘れ

感情の置き忘れ

【感情の置き忘れ】

過去の寂しさ、悲しさ、傷ついたこと

それを見てみないふりをして、
感情に蓋をしてしまってると

さらに辛い出来事が訪れたり
哀しい想いが溢れ出したりします。

寂しいとき、哀しいときは過去に置き忘れた感情を思い出すチャンスの時です。

自分の根っこに意識を向けれるチャンス。

見える世界に気持ちを奪われてしまって
時を過ごしてると
ホントの自分が見えなくなってしまう。。

目には見えないけど、
蓋をしてしまってるけど

それは大切な大切な忘れもの。。

その寂しさ、悲しさは
ホントのあなたらしさを
忘れてしまってるサインかも。

哀しいとき、寂しいとき、虚しいとき

ちょっと、勇気を出してその大切な忘れものに意識を向けてみてください。

サインを無視してると
違う形で現象が起きてきてしまうことも、、

それは、
対人関係や仕事でのトラブルや病気という形で、、

あなたの奥底で、
その「置き忘れられた感情」が
あなたが気づいて、手放してくれるのを待ってます。

私もまだまだそれの繰り返しで
「感情の置き忘れ」を見つけては手放す作業をしてます。

泣くこともしょっちゅう(^^)

でも

泣けることは
大切なこと(^^)

そして沢山泣いたら
鏡に向かって微笑んでみてね。

女性ならメイクアップをして
とびっきりの自分の顔をつくって微笑んでみて

そうすると

心に灯りが灯ります。

起こる出来事は、
あなたにとって全てが学びですから。。(^^)

無駄なことは
何一つないから、、

そして

そんなあなたを見守ってくれてる人が
必ず居てくれてる。

ということも忘れないでね。

今日も自分の命を精いっぱい使わせてもらいましょうねー(^^)

ビューティーケアリスト
喜久川由美