私の祖母から教わった心のあり方

私の祖母から教わった心のあり方

【自分の居場所で精一杯咲く】
(祖母の教え)

私が幼い頃

サトウキビ畑でピンクの可愛いお花をブーケにして
祖母にプレゼントした。

「おばぁー♪
はい!おばぁーにあげる♪」

祖母

「あいっ!
おばぁーにくれるんだねー。
ありがとうよぉー♪
キレイだねー
これは、どこに咲いてたの?」

「サトウキビ畑の横の道!」

祖母

「そっかー、
おばぁーに摘んできてくれて、
嬉しいさぁー♪

ありがとねぇー。

このお花は、お家に飾っておくと誰が見る?」

「私とおばぁーとおじぃー!」

祖母

「そうだねー
これが、道に咲いてたら誰が見る?」

「んーー道を歩くみんな!」

祖母

「そーだねー。

このお花達は、
お家に飾ってて、

ゆみとおばぁーとおじぃーに見られてるのと
道に咲いてて通る人沢山の人に見られるのと、

どっちが嬉しいと思う?」

「ん~
道に咲いてて、みーんなに見られた方が喜ぶかも?」

祖母

「そうだねー。
おばぁーもそう思うよ~

ゆみがおばぁーの為に摘んできてくれたのは嬉しいよ。

たけどよー

このお花は、あの場所に咲いてて

この姿をみんなに見てもらうことで、
人に笑顔を与えてるんだよ。

キレイだねー♪

可愛いねー♪

って、思ってくれたら
優しい気持ちになるでしょ♪

お花もそこに咲いてるのは
意味があるし
そのお花の命の限り
お役目があるんだよ。

お役目のことを「スクブン」って言うんだよー。

人も同じだけどねー。

人もみんなスクブンを持って生まれてくるさぁ。

ゆみにもスクブンはちゃんとあるんだよー。

うふちゅ(大人)になって、
ゆみのスクブン見つけたら、
それを人のために感謝してやりなさいねぇ。

頂いてる命の限り、スクブン全うするんだよぉー。

スクブン全うしたら、
命を与えてくれた神様に感謝の報告できるさぁねぇ。」

祖母とのそんな会話をフッと思い出しました…(^-^)

自然も人間も

自分の居場所で精一杯咲く…

自分の居場所で精一杯命を燃やす…

適材適所♪

自分らしく居れる場所で

自分だけの花を咲かせましょう♪

誰かと比べる場所じゃなく

誰かと比べる花じゃなく

自分が輝ける居場所で…

この命がある限り(^^)

みんなそれぞれ一人一人
違うスクブン持って生まれて来てるから、、
ねっ(^^)

私はメイクを使い
自分の「自信と魅力」に気づいてもらって
その人らしい人生を歩める様に
寄り添うことが
持って生まれた「スクブン」だと思ってます❤

おばぁー❤
私は私のスクブン全うしてるよぉー\(^o^)/

ビューティーケアリスト
喜久川由美 000025013938