1月 2016

年代別のメイク 20代前半辺りまでは、流行のメイクをそのまま取り入れてO.K 特に10代の頃はみんなかと同じメイクが安心で行動的になったりします。 20代中盤辺りから30代以降になるとそういうわけにはいかなくなります! それは、確実に肌質や張りが変わってくるから。 それと、内面の心のあり方も顔に現れます。 でもそれを嫌がったり怖がったりはしないでくださいね。 今のお顔に合うメイク技術を習得したらいいだけ🎵 今の自分のお顔を愛せるメイクを知ればいいんです🎵 今の自分のお顔を愛するということは、生まれて今までの自分の人生をも愛することにも繋がることだから。 メイクアップで今までの自分の人生をも愛するって素敵だとおもいませんか? メイクはただ顔に塗り絵をすれだけでは、魅力は表現できません。 顔を立体的にとらえて、骨格に合ったメイクアップができてはじめて あなたのオリジナルの魅力が表現できるようになります。 私も34歳でメイクを教わってから、私らしい人生が始まりました。 人生の航路をも変える可能性のある、メイク技術を一度は学んでみることをオススメします🎵 メイクが全てとは言いませんが、 なんとなく自己流でやるメイクと自分に似合うメイクをプロに教わってやるのでは 日々のウキウキ感がプラスされてついつい鏡を見たくなる。 鏡の中に映る自分の顔が美しかったり、可愛かったり、色っぽかったりすると 嬉しくてついつい笑顔になります。 笑顔になると心が緩んでゆとりが出ます。 心にゆとりが出ると思考と行動が変わってきます。 そのうち、周りの方が変わってくるんです。 自分らしい魅力を表現できるメイクができるようになるだけで 次々にミラクルが起こりますよ。 どうぞ。女性の特権のメイクを楽しんでください。 Discover Makeであなたの可能性の扉を一緒に開いてみませんか?      ...

最近、肌がパキパキになる。。 メイクが毛穴に残っている感じ。。 「クレンジング、変えようかなぁ。。」 こんな事をよく聞くようになりました。 季節がらもあるけど、クレンジングを変える前にやり方を見直して見ましょう。 いつものクレンジングに一手間加えるだけです。 その方法は! 【1】クレンジングを使う前に手を洗ってお湯で温める 冬は手が冷たくなりがち。 冷たい手でクレンジングを使用しても、お肌がびっくりして毛穴がキュッと閉じてしまいます。 その結果メイクが残りがちになっちゃう。 それをゴシゴシ落とそうとすると、肌に摩擦が生じて肌トラブルの原因に! クレンジング前は必ず手を清潔にして温めて、クレンジングを軽くすべらせるだけで洗いあがりはかわります。 【2】手の温もりでクレンジングを温める クレンジングが「ヒヤッ」と冷たく感じたら、その瞬間!肌はびっくりして毛穴が締まってしまいます。 クレンジングも温めてから使うと肌に負担をかけませんよ。 手の平でクレンジングを肌に近い温度に温めてから、メイクを落とすようにしましょう。 オイルやリキッドタイプ、バームタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなどのクレンジングを使っている方は、この方法で実践してみてくださいね! 簡単でしょ! この簡単な2ステップを加えるだけで洗顔後のお肌が変わりますよ。 そのあとは、モコモコのきめ細やかな泡で包み込むような洗顔も忘れずに。    ...