エンジェルメイクをした時の話し…

エンジェルメイクをした時の話し…

今!あなたは何を想い何を感じてる?あなたのやりたい事何?

今朝、彼女が夢枕に立ったので

高校生で旅立った方の
エンジェルメイクをさせて頂いた時の事をシェアしますね。

【今、この瞬間の大切さ】

今の自分が好きですか?

今、やりたい事ができてますか?
今、逢いたい人にあえてますか?
今、あなたの心はここにありますか?
今、愛せてる人は側にいますか?

私は
亡くなった方のメイクもさせて頂くこともあります。

はじめてこの世を旅立った方に
エンジェルメイクをした日のお話です。

彼女は高校生。
心臓病でした。
幼い頃から心臓が弱かったので
外で遊ぶこともできなくて
とても色白で透き通るような
きれいな肌をしてました。

私が到着すると
彼氏さんが

正座して枕元にいて
両手をギュッと手を
正座した足の上で握りしめ
唇を噛みしめ、
彼女の顔を見つめてました。

私がメイクを始めると

「免許取ったら
ドライブ行こうな。
って言ってたのに…

間に合わなかった。

焼き物教室通って、
お揃いのマグカップ作ってくれるって
約束したのに…

またあのカフェ行きたい
って言ってたのに…

あの映画も行けなかったな。

何一つ…出来なかった。
何一つ、約束果たせなかった…

もう一緒に年もとれないんだ…

バイトが忙しいって言い訳してた。

まさか、
こんなに突然いなくなるって
想ってもなかったから、、

ごめん、、
ごめんなぁ、、

俺、自分のことばっかり優先してた。

ほんとに、ごめん。

聞こえてる?

返事しろよ、、

また、笑ってくれよ、、

またケンカしようよ、、

記念日、もうすぐだったのに、、

なぁー

起きて、、、」

ポッ、ポッと彼女に語りかけてた。

「今更だけど
お前が出来なかったこと
おれが一つだけ叶えるよ。

禁止されてたマニキュア、塗ってあげるな。。」

そう言って、

胸でクロスされたキレイな指に
優しくピンクのマニキュアを塗ってました。

彼にとって、
それがせめての心の救いだったのかも…
彼の数々の後悔の想いが私にも伝わり、

私も涙を堪えながらメイクをした。

私達は、
健康に恵まれ、
日々を仕事や育児、
家事に追われて過ごしていると

時に、一番大切な事を忘れがちになる。

今の自分でいい?
今の環境でいい?
置き忘れた感情はない?

そう自分自身に聞いてみて下さい。

フッと自然と湧いてくる感情や想い。
それが、あなたの心がくれる答えです。

スピーディーになっている今の世の中。

心と思考と身体を一つにできると
自分らしさが加速します。

想った時に行動しましょう。

想ってる気持ちは溜めずに伝えましょう。

大切な人の笑顔のために。

今日もあなたの心の平安を祈ります。

メイクで心を開放する
ビューティーケアリスト 
喜久川由美