メイクの方法

メイクの前にファンデーションを塗る土台が整ってないとキレイな仕上がりにはなりません。 まずは「保湿」です。 潤いにないお肌はキメが整わずに化粧のノリが悪くなってしまいます。 乾燥肌にファンデーションを塗っても小じわが目立ってメイクダウンに。。 ハリや潤い感がない肌にどんな技術を使っても魅力は半減してしまいます。 化粧崩れが早い、ファンデーションが上手く乗らない方は 洗顔後の基本的なスキンケアを見直しましょう。 保湿ケアの基本フルステップの流れ  (夜)化粧水 ⇒ 乳液 ⇒ 美容液 ⇒ アイクリーム(必要な方のみ) ⇒ クリーム (朝)化粧水 ⇒ 乳液 ⇒ 美容液 できたら、夜の化粧水はしっとり、朝の化粧水はさっぱりで分けるとより効果的です。 化粧水の量の目安は、百円玉くらいの量を4,5回。 手の平に肌がモチっとくっついて来るまで入れて上げましょう。 その後に、化粧水の水分が蒸発しないように乳液やクリームでラップを掛けるように塗布します。 肌の状態は季節の変わり目や体調などによって変化させましょう。 朝ベタつきが気になるなら夜のクリームは塗らないとか 乾燥が気になるなら乳液やクリームを多めのするなど、 肌の状態に合わせて調整が大事なので、毎日自分の肌の観察を目と指で感じてくださいね。 艶感のでる化粧下地とファンデーション 「艶」女性性の大切な部分です。 艶はどうしても年齢と共に失われていきます。 なので、化粧下地やファンデーションで潤い艶感を演出します。 最近の化粧下地やファンデーションは艶を出してくれるタイプのものも多いです。 BBやCCもおすすめです。 細かなパールが入ったCC。カバー力にも優れているBBを混ぜて使うとカバー力と艶感アップにバッチリですよ。 基礎化粧をして最低10分は時間を置いてメイク開始すること! できれば20分は感覚を開けてほしいです。 基礎化粧が肌に馴染む前にメイクすると、浮いて崩れるのが早くまりますよ。 今回はここまで^^ 次回は ファンデはカバー力重視はNG!厚塗りメイクは老け顔に、、3Dの塗り方をする をご紹介しますね。...

若作りメイクではなくて大人女性のメイクとは? 最近、自分の顔を鏡で見れてますか? そしてため息をつくことが多くなっていませんか? 外見の綺麗さは若い時がピークであり、その後はしぼんでいくばかり。 だからこそ、ある程度の年齢になったら、内面からの美しさえをメイクで表現するを見直すことが必要となってきます。   大人メイクで大切なのは”自分の骨格に合った程よさ” を表現することが大事 20代なら20代の、30代なら30代の、40代なら40代の、それぞれの年齢に合ったメイク方法というのがあり、その年齢に合ったメイク方法だからこそ、美しく若々しく輝いて見えます。     なので若い時と同じメイクをそのまま続けているのは逆に違和感を感じて 鏡を見たくなくなります。 見た目に合わせてメイクのやり方も変えるといいですよ。     大人女性が最も美しく見えるメイクとはどんなイメージなのでしょうか? 若く見られたいために若作りしたり、肌の欠点をカバーするために時間をかけてメイクすると、 ますますメイクも自分のお顔が’嫌になります。     ナチュラルメイクにすれば年相応にしか見られないし。 無難なメイクにしたら個性も魅力も表現できない。     大人女性が目指すメイクは、これらの中間! 年相応よりも若く、かといって若作りし過ぎないメイク方法が一番理想的!   大人メイクで大事にすべきポイントとは? 今回は大人メイクを行う上で特に気を配ってほしいことを8つあげてみました。 潤いある肌づくりには十分な保湿ケアが大事 ツヤ感のある化粧下地とファンデーションまずは「保湿ケア」です。 ファンデはカバー力重視はNG!厚塗りメイクは老け顔に、、3Dの塗り方をする、 目のフレームづくり、瞳をさらに輝かせるアイライン ...

目元の悩み ① 左右で目の大きさが違う 誰しも全く左右対象のお顔の方はいらっしゃらないのですが、 左右の違いを気にされる方はおおいです。 そんな場合はアイシャドウの太さを左右で変えれば大丈夫! 小さい方の目のアイラインを太く引いてバランスを取ってみましょう。 黒目の上をや目尻の太さで調整してみてね。   ② アイラインが滲んでパンダ目になっちゃう。 目の周りが湿っていると、アイラインが油分で滲んでしまいます。 アイラインを引く前に、しっかり目の際までパウダーを塗り、ベージュや明るいピンクのアイシャドーを目の周りに入れると、滲みにくくなりますよ。 引いたアイラインをブラシや綿棒でぼかすのもコツになります。   ③クマが目立つ コンシーラーで厚塗りにすると、目の周りの皮膚は薄いのでシワになったりヨレの原因にもなってしまうので、ファンデーションのあとにレンジのチークやアイシャドーを入れると目立たなくなりますよ。 ④ 一重でアイメイクしても目立たない アイラインを黒目の上を太めに、目尻よりも少しだけ長く引く。 締め色アイシャドーを下瞼の目尻側だけに入れると、グッと目元に立体感がでますよ。 ノーズシャドーで眉頭を太くしてアイホールを狭めて見せる方法も効果的です。   ⑤ リキッドアイライナーが上手く引けない 皮膚を思いっきり引っ張って描いてしまうと、手を離すとラインがずれてしまいます。 半目で軽く皮膚を張る程度に引っ張って、ゆっくり引いて見ましょう。 少しラインがガタついても、アイシャドーの締めを色入れるとわからなくなるので怖がらずにリキッドアイライナーにもチャレンジしてみてね。   「目は口程に物を言う」   アイメイクは人柄を表現する大切なパーツなので、どんなアイメイクが自分らしいのか? 色々試してみると、メイクが楽しくなってハッピーな気分で一日を過ごすことできますよ^0^   ビューティーケアリスト 喜久川由美      ...