生き方の美しさ

【やると!決めた瞬間に、、】 34才で東京のメイク学校に受験すると決めた瞬間から、 私の人生が大きく変わり始めました。 あの頃の私には 「根拠の無い自信」がありました。 お金もない。 専業主婦。 子供もいる。 年齢も34才。 そんな状態で 「このメイクの講師資格をとって、 沖縄で必要としてる人のお役に立ちたい!」 この想いだけで、東京で受験しました。 もし、その路を でも だけど だって で諦めてたら、、 今の私はいません。 今でも あのパワーはどこから湧いてきたのか? 不思議です、、 自分の経験から。 自分で「やる」と決めたことは必ずできる事なんだと実感してます。 周りには、 できっこないよ! 難しいんじゃない? 甘いね! そう言われたとしても。 自分を信じて決める人には どんな困難があっても どんな邪魔がはいっても それをクリアして、 行動をし続けて やがては成長して 夢や目標を実現させる力があると思います。 人は誰でも 心の奥底に無限の知恵と力と可能性をもってるから。 沢山のご先祖様から引き継いでる遺伝子もあるから。 その遺伝子の中には沢山の経験と知恵が刻まれてます。 その力を信じて欲しい。 「私なんて、、」 って、諦めないで欲しい。 「あなたは何を決めて行動してますか?」 もし まだ決めてることがないなら 今からでも、何か一つきめてみてはいかがでしょうか。 やる!と決めた瞬間から大きく変わる変化を楽しんで下さいね。 ビューティーケアリスト 喜久川由美...

今の自分が好きですか? 今、やりたい事ができてますか? 今、逢いたい人にあえてますか? 今、あなたの心はここにありますか? 今、愛してる人はいますか? 今日は、 私が生まれてはじめて この世を旅立った方に エンジェルメイクをした日を思い出しました。 彼女は心臓病でした。 突然の旅立ち。 幼い頃から心臓が悪かったので 外で遊ぶこともできなかったので とても色白で透き通るような きれいなお肌をしてました。 私がメイクをしている間、 彼氏がずっと側にいて 唇を噛みしめ、 膝の上でグッと拳を握りしめ 彼女の顔を見つめてました。 「ドライブ行こうな。 って言ってたのに… もう少しで免許証取れたのに 映画も約束してたのに… 焼き物教室通って、 お揃いのマグカップ作ってくれるって 約束したのに… またあのカフェ行こうね。 って言ってたのに… 何一つ…出来なかった。 何一つ、約束果たせなかった… もう、一緒に年はとれないんだ… バイトが忙しいって言い訳してごめん。 まさか、こんな早く離ればなれになるなんて思ってもなかったし、、 こんな別れ方、俺、、嫌だよ、、」 ポッ、ポッ彼女に語りかけてた。 「でも、お前の願い事一つだけ叶えるよ。 禁止されてたマニキュア、 俺が塗ってあげるからな。。」 そう言って、 胸でクロスされたキレイな指に 優しくマニキュアを塗ってました。 彼にとって、 それがせめての心の救いだったのかも… 彼の数々の後悔の想いが私にも伝わってきて、 私も苦しかった… 私達は、 健康に恵まれ、 日々を仕事や育児、家事に追われて過ごしていると 時に 一番大切な事を忘れがちになります。 今一度、 今の自分でいい? 今の環境でいい? 置き忘れた感情はない? 今を生きてる? そう自分自身に聞いてみて下さい。 フッと自然と湧いてくる感情や想い。 それが、あなたの心がくれる答えです。 スピーディーになっている今の世の中。 心と思考と身体を一つにできると 自分らしさが加速します。 あの時!ああしてれば良かった!! あの時!ああして上げれば良かった… と後悔の少ない選択をしたいですね。 「今のこの瞬間を大切に」 ビューティーケアリスト 喜久川 由美...

【自分の居場所で精一杯咲く】 (祖母の教え) 私が幼い頃 サトウキビ畑でピンクの可愛いお花をブーケにして 祖母にプレゼントした。 私 「おばぁー♪ はい!おばぁーにあげる♪」 祖母 「あいっ! おばぁーにくれるんだねー。 ありがとうよぉー♪ キレイだねー これは、どこに咲いてたの?」 私 「サトウキビ畑の横の道!」 祖母 「そっかー、 おばぁーに摘んできてくれて、 嬉しいさぁー♪ ありがとねぇー。 このお花は、お家に飾っておくと誰が見る?」 私 「私とおばぁーとおじぃー!」 祖母 「そうだねー これが、道に咲いてたら誰が見る?」 私 「んーー道を歩くみんな!」 祖母 「そーだねー。 このお花達は、 お家に飾ってて、 ゆみとおばぁーとおじぃーに見られてるのと 道に咲いてて通る人沢山の人に見られるのと、 どっちが嬉しいと思う?」 私 「ん~ 道に咲いてて、みーんなに見られた方が喜ぶかも?」 祖母 「そうだねー。 おばぁーもそう思うよ~ ゆみがおばぁーの為に摘んできてくれたのは嬉しいよ。 たけどよー このお花は、あの場所に咲いてて この姿をみんなに見てもらうことで、 人に笑顔を与えてるんだよ。 キレイだねー♪ 可愛いねー♪ って、思ってくれたら 優しい気持ちになるでしょ♪ お花もそこに咲いてるのは 意味があるし そのお花の命の限り お役目があるんだよ。 お役目のことを「スクブン」って言うんだよー。 人も同じだけどねー。 人もみんなスクブンを持って生まれてくるさぁ。 ゆみにもスクブンはちゃんとあるんだよー。 うふちゅ(大人)になって、 ゆみのスクブン見つけたら、 それを人のために感謝してやりなさいねぇ。 頂いてる命の限り、スクブン全うするんだよぉー。 スクブン全うしたら、 命を与えてくれた神様に感謝の報告できるさぁねぇ。」 祖母とのそんな会話をフッと思い出しました…(^-^) 自然も人間も 自分の居場所で精一杯咲く… 自分の居場所で精一杯命を燃やす… 適材適所♪ 自分らしく居れる場所で 自分だけの花を咲かせましょう♪ 誰かと比べる場所じゃなく 誰かと比べる花じゃなく 自分が輝ける居場所で… この命がある限り(^^) みんなそれぞれ一人一人 違うスクブン持って生まれて来てるから、、 ねっ(^^) 私はメイクを使い 自分の「自信と魅力」に気づいてもらって その人らしい人生を歩める様に 寄り添うことが 持って生まれた「スクブン」だと思ってます❤ おばぁー❤ 私は私のスクブン全うしてるよぉー\(^o^)/ ビューティーケアリスト 喜久川由美 ...