ディスカバーメイク代表 喜久川由美Blog

メイクの前にファンデーションを塗る土台が整ってないとキレイな仕上がりにはなりません。

まずは「保湿」です。

潤いにないお肌はキメが整わずに化粧のノリが悪くなってしまいます。

乾燥肌にファンデーションを塗っても小じわが目立ってメイクダウンに。。

ハリや潤い感がない肌にどんな技術を使っても魅力は半減してしまいます。

化粧崩れが早い、ファンデーションが上手く乗らない方は

洗顔後の基本的なスキンケアを見直しましょう。

保湿ケアの基本フルステップの流れ 

(夜)化粧水 ⇒ 乳液 ⇒ 美容液 ⇒ アイクリーム(必要な方のみ) ⇒ クリーム
(朝)化粧水 ⇒ 乳液 ⇒ 美容液

できたら、夜の化粧水はしっとり、朝の化粧水はさっぱりで分けるとより効果的です。

化粧水の量の目安は、百円玉くらいの量を4,5回。

手の平に肌がモチっとくっついて来るまで入れて上げましょう。

その後に、化粧水の水分が蒸発しないように乳液やクリームでラップを掛けるように塗布します。

肌の状態は季節の変わり目や体調などによって変化させましょう。

朝ベタつきが気になるなら夜のクリームは塗らないとか

乾燥が気になるなら乳液やクリームを多めのするなど、

肌の状態に合わせて調整が大事なので、毎日自分の肌の観察を目と指で感じてくださいね。

艶感のでる化粧下地とファンデーション

「艶」女性性の大切な部分です。

艶はどうしても年齢と共に失われていきます。

なので、化粧下地やファンデーションで潤い艶感を演出します。

最近の化粧下地やファンデーションは艶を出してくれるタイプのものも多いです。

BBやCCもおすすめです。

細かなパールが入ったCC。カバー力にも優れているBBを混ぜて使うとカバー力と艶感アップにバッチリですよ。

基礎化粧をして最低10分は時間を置いてメイク開始すること!

できれば20分は感覚を開けてほしいです。

基礎化粧が肌に馴染む前にメイクすると、浮いて崩れるのが早くまりますよ。

今回はここまで^^

次回は

ファンデはカバー力重視はNG!厚塗りメイクは老け顔に、、3Dの塗り方をする

をご紹介しますね。

若作りメイクではなくて大人女性のメイクとは?

最近、自分の顔を鏡で見れてますか?

そしてため息をつくことが多くなっていませんか?

外見の綺麗さは若い時がピークであり、その後はしぼんでいくばかり。

だからこそ、ある程度の年齢になったら、内面からの美しさえをメイクで表現するを見直すことが必要となってきます。


大人メイクで大切なのは”自分の骨格に合った程よさ”を表現することが大事

20代なら20代の、30代なら30代の、40代なら40代の、それぞれの年齢に合ったメイク方法というのがあり、その年齢に合ったメイク方法だからこそ、美しく若々しく輝いて見えます。

なので若い時と同じメイクをそのまま続けているのは逆に違和感を感じて

鏡を見たくなくなります。

見た目に合わせてメイクのやり方も変えるといいですよ。

そでは、大人女性が最も美しく見えるメイクとはどんなイメージなのでしょうか?

若く見られたいために若作りしたり、肌の欠点をカバーするために時間をかけてメイクすると、

ますますメイクも自分のお顔が’嫌になります、、

ナチュラルメイクにすれば年相応にしか見られないし。

無難なメイクにしたら個性も魅力も表現できない。

大人女性が目指すメイクは、これらの中間!

年相応よりも若く、かといって若作りし過ぎないメイク方法が一番理想的!

大人メイクで大事にすべきポイントとは?


今回は大人メイクを行う上で特に気を配ってほしいことを2つあげてみました。

1、潤いある肌づくりには十分な保湿ケアが大事

2.ツヤ感のある化粧下地とファンデーションまずは「保湿ケア」です。

3.ファンデはカバー力重視はNG!厚塗りメイクは老け顔に、、3Dの塗り方をする、

4,目のフレームづくり、瞳をさらに輝かせるアイライン

5,人を惹きつけ魅力を出する目元づくり~アイメイク~

6,目元引き立て、瞳に光が入るマスカラ

7,血色の良いほおを彩り顔を立体的にする~チーク~

8,口角のが上がった~リップ~

以上です。

この手順を追ってメイクをして行くと、ご自分の内面の美しさが表現できるメイクが仕上がりますよ。

次回は、その方法をレクチャーしますね。

ビューティーケアリスト

喜久川由美

【美容形成外科、興味ありますか?】

派手な広告
リーズナブルな料金

悩みがあると、

「このくらいで人知れずコンプレックスが解消できるならやってみてもいいかなぁー」

なんて、思ったする方も多いと思います。

手っ取り早い解決を求める気持ちもわかります☺

私は東京の美容外科で3年
沖縄の美容外科で7年

10年間、美容形成外科でドクター秘書、アシスタント、痩身、メディカルエステ、カウンセラーなどで関わってきました。

美容外科にこれだけ携わってきたので、
それを否定はしません。

それぞれのお悩みを伺っていると、
手術が必要と思う方もいらっしゃるので(^-^)

でもやはり、顔やボティーにメスを入れるのは簡単に考えると危険です。

なぜらなら、、
コンプレックスが心から来てる方も少なくなかったから。。

自分の顔やボティーが好きではない。
変えたい!

と想ってる原因が「心」にある状態でメスを入れてしまうと、
手術を繰り返したり、
更に罪悪感で自分を嫌いになったり、、

結果、
引きこもったり、心療内科に通院す
ることになったり、、

見てて辛い結果も沢山見てきました。

私はメイクの大きな可能性も知っているので
そんな方々を見てると、

「もっとメイク技術をお伝えしたい☺」

「メイクとヘアースタイルを変えるだけで、人生変わるのに!」

そんな想いが強くなりました☺

私の施すメイクは

「メイク以上整形未満」の満足を得られる技術

そして
顔だけにフォーカスするのではなくて、
メイクを通して、自分の心にもフォーカスをする。

そして、私の問いかけなどで自分では気づいてなかった「心」の濁りに気づく。

その心の濁りに気づいて浄化できたら🎵
クリアな部分から光放ちます☺

それが!自信となりオーラとなり

オンリーワンの美しさを身にまとうことができます☺

「美しさ」は

決して見た目だけを磨けば良しではなく
内面の浄化も必要です。

心が曇ったままだと、作り笑いしか出ません。

作り笑いは、人に幸せを与えることはできません。

なぜらなら

作り笑いは、直ぐに見破られるから。。

心と身体と顔は繋がってて
トータルで、人は人柄を判断します。

なので私は

顔だけはなく心にも寄り添うお付き合いをしたいので
カウセリングをしながらメイクレッスンしたり、メイクセッションしたりしてます☺

メイクは気に入らなかったら
消すことができる。

メスを入れてしまうと、もう元には戻りません。

自分に不平不満を言ったりする前に
自分の素敵なところを、
よりメイクできる際立たせて
心も解放して

子供の様な、思わず見てるこっちがつられて笑顔になるような

幸せ笑顔を広げましょう🎵

一人の幸せがドンドン伝染して、
地球をまあるく包み込むよーに🎵

そんなメイクレッスンを受けてみたいなーと
感じて頂けた方とのご縁を楽しみにしてます☺

美容外科とかのご相談があれば、お声かけくださいね☺

2017年あと半年☺

皆さまにとって良き時間が過ごせますよーに🎵

ビューティーケアリスト
喜久川由美

【たかがメイクされどメイク】

「自分を知ること」を外に求めてないですか?

今の時代、自分を見つめたり向き合ったりするツールは色々ありますね(^-^)

ヨガや瞑想で自分の中に入って見つめてみたり、カラーセラピーやオーラソーマなどで、今の自分を分析してみたり。

カウンセリングや占いなどで、
今の不安や迷いなどの解決を求めたり、、

どれを選んでも、

「今の自分より、より良くなりたい」

そう想っての行動だと思います。

人生の迷子になって時
誰かや、目に見える結果に頼りたいと思うのは自然なことだと思います。

私も自分で自分がわからなった時期

私は何を求めているか?

どんなことが自分に合っているのか?

前が見えなくなっていた頃は色んなことを試しました。

カウンセリング、セラピー、占い、ユタ、etc

でも結果は人からのアドバイスであって、
どれも自分の中のど真ん中にヒットする答えは得られませんでした。

もちろん、
気付きのヒントを頂けたりはしてましたよ(^-^)

ある日メイクに出逢い教わった事を
丁寧に鏡に向かってするようになって

フッと、鏡の自分に質問をしてみたんです。

そうすると、
瞬間に自分の中から答えがでてきたんです。

胸のつかえがスーッと抜けました。

それから一日のスタートの数分。
メイクタイムを自問自答する時間にしました。

メイクを通して自分を認める作業のスタート。

毎日続けてると、
自分のいい所が見えて来ました。

そして笑顔を褒めてもらえるようになりました。

それがいつしか、
自分の「自信」に繋がり今の私が居ます。

メイクは、

ただ塗ればいい描けばいいではなくて
女性としての自分をや優しく丁寧に扱い、「今」の自分と対話のできる時間なんです。

ヨガの先生にメイクレッスンをさせて頂いたときに

「メイクはまるで瞑想ね!!素晴らしい!」

とおっしゃってました。

そうなんです。

メイクをしている数分間、
自分以外は居ない世界だにいるので
瞑想と似た時空が流れるんです。

そして自分を好きになる一番の近道!!

メイク技術を学ぶことで、
自分の顔を通して内面に向き合うことができます。

「たかがメイクされどメイク」です。

顔だけ整えだけでO.Kなわけではないところにポイントを置いているのが
DiscoverMakeの特徴なんです(^.^)

自分の内面の美しさに気付いて、
それをメイクでお顔に表現できるようになると、人生をも変わってしまうことがあるんです。

「もっと早くDiscoverMakeに出逢いたかった!」

とお声を頂くことが多いです。

嬉しいですね。

女性のみなさま、

たかがメイクされどメイクですよぉ~\(^o^)/

☆写真はDiscoverMakeをして、
テンションアップ!思わずモデルごっこをしてはしゃぐ素敵な笑顔❤

ビューティーケアリスト
喜久川由美

目元の悩み

① 左右で目の大きさが違う
誰しも全く左右対象のお顔の方はいらっしゃらないのですが、

左右の違いを気にされる方はおおいです。

そんな場合はアイシャドウの太さを左右で変えれば大丈夫!

小さい方の目のアイラインを太く引いてバランスを取ってみましょう。

黒目の上をや目尻の太さで調整してみてね。

 

② アイラインが滲んでパンダ目になっちゃう。

目の周りが湿っていると、アイラインが油分で滲んでしまいます。

アイラインを引く前に、しっかり目の際までパウダーを塗り、ベージュや明るいピンクのアイシャドーを目の周りに入れると、滲みにくくなりますよ。

引いたアイラインをブラシや綿棒でぼかすのもコツになります。

 

③クマが目立つ

コンシーラーで厚塗りにすると、目の周りの皮膚は薄いのでシワになったりヨレの原因にもなってしまうので、ファンデーションのあとにレンジのチークやアイシャドーを入れると目立たなくなりますよ。
④ 一重でアイメイクしても目立たない

アイラインを黒目の上を太めに、目尻よりも少しだけ長く引く。

締め色アイシャドーを下瞼の目尻側だけに入れると、グッと目元に立体感がでますよ。

ノーズシャドーで眉頭を太くしてアイホールを狭めて見せる方法も効果的です。

 

⑤ リキッドアイライナーが上手く引けない

皮膚を思いっきり引っ張って描いてしまうと、手を離すとラインがずれてしまいます。

半目で軽く皮膚を張る程度に引っ張って、ゆっくり引いて見ましょう。

少しラインがガタついても、アイシャドーの締めを色入れるとわからなくなるので怖がらずにリキッドアイライナーにもチャレンジしてみてね。

 

「目は口程に物を言う」

 

アイメイクは人柄を表現する大切なパーツなので、どんなアイメイクが自分らしいのか?

色々試してみると、メイクが楽しくなってハッピーな気分で一日を過ごすことできますよ^0^

 

ビューティーケアリスト

喜久川由美